前へ
次へ

振袖を着る唯一の機会

日本の伝統衣装である着物ですが、最近はほとんど着る機会がなくなってきました。
その中で、現在でも多くの女性たちが着物を着るのが成人式です。
最近は結婚式でウェディングドレスを着る人が増えていることから、唯一の機会といっても過言ではなくなってきています。
購入する人もいますが、多くはレンタルを利用します。
人気の着物は1年前から予約しておかなければ手に入らない場合もあります。
成人式ではほとんどの人が振袖ですが、本来的には未婚の女性が着用するものです。
男性の場合はスーツで参加するのが一般的です。
一部、紋付袴を着る人もいますが、女性ほど着飾らないのが主流となっています。
唯一の着物を着る機会である成人式を大切にしたいものです。

成人式の個性的な振袖選び

成人式では大抵の女性が振袖を着用し、それが初めての晴れ着となる人も多いようです。
それだけ特別な意味が込められたものであるので、その振袖選びには慎重になるものです。
まずは調達方法です。
親の代からのお下がりを利用する場合や、思い切ってその個人のために新調する場合もあります。
しかし、着物というものは非常に高価で、装飾や生地等にこだわるとその分値段も跳ね上がります。
そのため、レンタルを利用する人が多いのが現状です。
最近では、実に様々な色合いの振袖が用意されるようになり、新成人たちは他の子と被らないよう、できるだけ個性的なものを選ぶ傾向にあります。
水色や緑、黄色といったものも定着しつつあり、時代の変化を大いに感じさせてくれます。

Page Top