前へ
次へ

成人式は振袖で着飾りましょう。

一生に一回の成人式は人生の中でも一番若くて綺麗な瞬間です。
女性ならだれでもお姫様にあこがれたことがあると思います。
成人の日は20歳を迎えやっとそんな夢がかなう日です。
特別の日は振袖で充分に着飾りましょう。
振袖は華やかに演出してくれます。
振袖のデザインは多種多様なバリエーションがあります。
そして帯結びも基本の3種類からあります。
定番のフクラ雀は華やかで歴史がある帯結びです。
建屋系は流れを付けたデザインで引き締まって見せてくれます。
文庫系は翼のようにふわりと左右に広がるかわいらしい形です。
体系やデザインによって合う結び方も変わってきます。
同級生との再会や両親への感謝の気持ち。
そんな思いすべてが振袖に詰まっています。
大好きなデザインであなだだけの一枚を選んでくださいね。

成人式での服装について

成人式とは、20歳になって大人の仲間入りをした事を祝う式典です。
主に地方公共団体等が主催となって開催されます。
式典の内容は講演会やパーティーが一般的で、記念品が贈られる事も多いです。
成人式に出席出来るのは、成人式が行なわれる年度内に20歳になる人達です。
式典に参加する際には服装にも注意が必要です。
厳しい決まりがあるわけではないのでスーツ等で良いですが、ジーンズ等のような普段着は避けるべきです。
一般的には男性ならば羽織袴、女性ならば振袖を着用してくる人が多いです。
羽織袴や振袖は若い人の正装にあたる服装です。
また、普段はなかなか着る機会がないので、こうした機会に着てみたいと考えて振袖や羽織袴を選ぶ人も多いです。

Page Top