前へ
次へ

成人式の振袖選びについて

成人式の振袖というと昔は母親や親戚などから受け継いものを着る、または新しくしつらえるのが一般的でした。
自分の好みというよりも伝統的な重みの方が重要視されていたといえます。
しかし最近では本人の好みが重要視されています。
母親や親戚から受け継ぐものがあったとしても好みに合わなければそれらを着用しないのです。
昔は金銭的な理由から好みがどうだと言えなかった家庭も多くありました。
しかし今はレンタルがあります。
手頃な金額で気軽に借りることが出来るため、好みにあわないものを無理して着る必要もなくなったのです。
レンタルといっても最新のものから伝統的な織物まで様々なものがあります。
種類が豊富になっていることもこのような傾向を後押ししていると考えられます。

成人式は美しくきれいに

成人式の日は、振袖姿の女性たちに目を奪われます。
色遣いの鮮やかな着物に身を包み、おしとやかに歩く姿は、日本人の奥ゆかしさを感じさせます。
最近は、振袖を作る人からレンタルする人まで様々ですが、普段、着物を着る機会が減ってしまった現代だからこそ、着物を着て欲しいと願う人は多いのではないでしょうか。
成人式には、芸能人も振袖姿を披露しますが、着物を着るきっかけ作りになっていると思います。
昔と違って、最近の長襦袢は可愛い色や柄の物もあり、着物の柄も昔はなかったような物も増えてきています。
また、近頃はフリル使いも当たり前になってきているような感じでもあります。
少しずつ変化している振袖ですが、一生に一度の大イベントだからこそ、美しくきれいに成人式を迎えてほしいものです。

Page Top